トップページ > リハフィットとは

リハフィットとは

リハフィットはパワーリハビリテーションを中心とした通所介護所(デイサービス)です。

主としてリハビリや運動をお手伝いします。
食事やお風呂などのサービスはありませんが、いつまでも自立した生活を楽しみたい方、
運動機能の障害をお持ちの方で、リハビリテーションを希望される方などに、
最適な通所介護所(デイサービス)です。

体と心にここちよい変化が生まれるパワーリハビリテーションとは?

筋力を強化するのでは無く、再活性化させる為のリハビリテーションです。

高齢者の方の動作性の低下は、筋力の衰えが直接の原因ではなく、全身の神経筋システムの不活動化であるという考えに基づいて、全身各部の使っていない筋を再活性化することを目的に考案された運動プログラムです。リハビリを通して、動きとメンタルな部分の改善により活動的な生活を取り戻す「行動変容」を狙いとします。

老化そのものに対するリハビリです
階段の昇り降りがつらい。
外に出るのがおっくうになった。
思うように体を動かせない。
高齢者の方々が抱えるこうした悩みは、主に筋力の衰えが原因だと思われています。筋力が衰えているのなら、筋力を鍛えれば良いという考えになってしまいますが、パワーリハビリテーションの考え方では、使わなくなってしまっている神経筋システムを再活性化し、自立性の高い生活への復帰を目指します。
この新しいリハビリテーションの手法は、症状の出ている箇所へのリハビリでは無く、老化そのものに対してのリハビリテーションということができます。
入浴よりも軽負荷なトレーニング
筋力を強化することが目的では無いので、パワーリハビリテーションのマシントレーニングは、入浴するよりも軽負荷です。
全身の使っていない筋を軽負荷なマシントレーニングによって再活性化し、動作性・体力の改善とともに、「外出しようと思えるようになった」等といった心理的な活動性の改善を得ることもできます。マシンでのトレーニングの為、高齢者向けの筋力トレーニングだと誤解されることがありますが、筋力増加が目的ではなく、全身各部の使っていない筋を動かすことで効果が得られます。
また入浴するより軽負荷の為、運動による心臓に与えるリスクはほとんどありません。
行動変容をもたらす事が狙いです
パワーリハビリテーションは老化に対するリハビリテーションなので、最終的な目標は自己認識・自己概念の変化にあります。
疲れにくくなってきた、身体を動かしやすくなった等といった体力の改善、動作の改善は気持ちに変化をもたらし、自信になります。自信がついたことによる行動の変化が、老化への一番の対策となります。
また軽負荷による有酸素運動時に、神経から分泌される物質により、ウツの改善等の心理的な効果も期待できます。
高齢者の方が再び活力を取り戻し、自立した生活を心から楽しめるようにすることがパワーリハビリテーションの最終的な目的です。
リハビリでお元気になった皆さまの声

パワーリハビリテーションの効果

低下している神経筋の再活動化

●動作の衰え、歩行、立位安定の改善
●痛み軽減

神経伝達物質の分泌促進
(アセチルコリン・ドーパミン・セロトニン)

●認知症、パーキンソン病、うつ病などの改善

有酸素運動、軽負荷反復運動

●軽度の高血圧の改善
●インスリン感受性の改善
●血清中性脂肪レベルの低下
●動脈硬化症の発病防止
●体重のコントロール